写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車とNTTは3月27日、トヨタが保有する「自動車に関する技術」とNTTグループ各社が保有する「ICTに関する技術」を組み合わせ、コネクティッドカー分野での技術開発・技術検証ならびに、それらの標準化を目的とした協業を行っていくことで合意したことを発表した。

今回の協業は、クルマから得られるビッグデータを活用することで、事故や渋滞といった社会が直面するさまざまな課題の解決や、新たなモビリティサービスの提供に必要となる技術の研究開発を進めることで、将来の持続可能なスマートモビリティ社会の実現をグローバルな視点を持って目指そうというもの。具体的には、多数のクルマから大量に送信される車両情報などの収集・蓄積、ならびにそうして得られた大量のデータをリアルタイムで分析処理するための基盤を構築・運用することを目指した技術の開発や、クルマのユースケースを想定した大容量データの安全各日な集配信に向けたインフラのネットワークトポロジーやデータセンターの最適配置などの検討や、それに対応する最適な移動通信システムのあり方の検討などを踏まえた5Gの自動車向け標準の推進およびエッジコンピューティング技術の適用性の検証が進められる予定。また、AI(人工知能)による車内外の環境を理解した運転アドバイスや音声インタラクション技術などの活用によるドライバーに向けた快適なサービス提供に向けた技術開発なども進められる予定だという。

なお、参加企業は、トヨタならびにNTT、NTTデータ、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモとなっており、コネクティッドカー分野における代表的なサービスの実現可能性やサービス性の評価のために5社では、2018年に実証実験を実施する予定だとしている。

(小林行雄)