写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米BOX OFFICE MOJOは3月24日〜3月26日の全米週末興業成績を発表した。

前週週末興収1億7,000万ドルを稼いで初登場堂々首位の『美女と野獣 (2017)』が2週連続でトップ。累計興行収入は3億1,695万2,887ドルと公開から1週間あまりで早くも3億ドルを超える驚異のヒット作となった。

2位は初登場の『パワーレンジャー』。日本の特撮作品"スーパー戦隊シリーズ"の英語ローカライズ版として制作されたテレビドラマ『パワーレンジャー』シリーズの第1作を原作に、キャストを一新して20年ぶりに制作された。『プロジェクト・アルマナック』のディーン・イズラライトが監督、『ドラキュラZERO』のバーク・シャープレスとマット・サザマが脚本を担当している。

前週2位の『キングコング: 髑髏島の巨神』は3位にランクダウン。『LOGAN/ローガン』も前週3位から5位へと順位を下げた。

4位の『ライフ (2017) 』も初登場。ジェイク・ギレンホール主演のSF映画で、『デンジャラス・ラン』、『チャイルド44 森に消えた子供たち』のダニエル・エスピノーサ監督がメガホンを取る。火星で採取したサンプルが"地球外生命体"の細胞であったことがわかり、歓喜に沸く宇宙飛行士たち。しかし、細胞は知性を持つまでに急成長、宇宙ステーションの中で地球人を襲い始める。

その他今週初登場作品は7位の『CHiPs(原題)』。日本でも放送された70〜80年代の人気米ドラマ・シリーズ『白バイ野郎ジョン&パンチ』を映画化したアクション・コメディだ。

○北米週末興行成績TOP 10(3月24日〜3月26日)

(神野恵美)