1
 
リリースされてから2年近くが経つApple Watchは現在、2世代(正確には無印、Series 1、Series 2の3世代)がリリースされています。どのシリーズなのかは外観だけではほぼ区別がつきませんが、次世代のApple Watchは、大きく仕様に変更が加えられる可能性があります。Appleは新たに、Apple Watchのバンド上にウィジェットを表示させる特許を取得しました。

バンドで心拍数を確認できる利点

米国特許商標庁(USPTO)が新たに公開した特許では、Appleがバンドを通して様々なアクティビティやステータスをウィジェット形式で表示させようと計画していることが分かります。主にスポーツシーンでの利用が想定されているようで、画像にはランニングや水泳を示すモード、心拍数などの表示が確認できます。
 

 
ディスプレイを見れば済む話なのに、わざわざバンドで心拍数を表示する必要があるのか、と思うかも知れません。
 
しかし、例えば高強度インターバルトレーニングなどでは、心拍数のレベルをこまめにチェックしながら運動する必要がありますが、現在のApple Watchの仕様では測った後に画面がスリープ状態になってしまうため、リアルタイムでの定量的な観測が不可能です。バンド部位で常に心拍数を可視化できていれば、Apple Watch本体を起動して確認する手間が省けます。

Apple Watchの中心がスポーツとバンドなのは間違いない

はたして、Appleがこの特許を製品化させるかは不明ですが、Apple Watchは「Edition」モデルの変更からも分かるとおり、従来のラグジュアリー&ファッション路線を控えめにし、Nikeとのコラボレーションなどスポーツ路線を中心に据えています。
 
また、バンドに何らかの機能を付け加えようとする試みは以前から行われており、有名なAppleの特許では、気分によって自動的に色を変えられるバンド、バッテリーを搭載したバンド、冷蔵庫に貼り付け可能なバンドなどが知られています。
 
 
Source:Patently Apple
(kihachi)