写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TowerJazzは、400Gbps Ethernet(400GbE)通信向けに最適化した300GHz SiGe BiCMOSプロセスの最新世代「H5」の提供が可能になったことを明らかにした。

同プロセスは、レイアウトルールを前世代プロセスとほぼ同じとすることで、カスタマは、現在の製品からスムーズにH5へと移行することが可能だと同社では説明している。

なお、すでにBroadcomが同プロセスを採用した400GbE対応光ICの開発を終えており、複数の市場セグメントやアプリケーションにおいて、提供を開始しているという。