画像

写真拡大 (全2枚)

 NTTドコモはdマガジンのプロモーションに、渡辺直美の声と表情を合成して作られた「CGキャスター・NAOMI」を起用。NAOMIが雑誌の見出しを速報ニュースとして配信する特設サイト「dマガジン ニュースネットワーク」(dNN)を公開した。

 NTTドコモは、電子雑誌の定額制読み放題サービス「dマガジン」のプロモーションに、人気女性芸人・渡辺直美の声と表情を合成して作られた「CGキャスター・NAOMI」(以下、NAOMI)を起用。NAOMIがキャスターを務め、雑誌の見出しを速報ニュースとして配信する特設サイト「dマガジン ニュースネットワーク」(dNN)を3月17日に公開した。

NAOMIが雑誌の見出しを渡辺直美本人そっくりに読み上げる

 NAOMIを作るにあたりNTTドコモは、「AITalkR Custom VoiceR」という音声合成システムを使用し、渡辺直美が約6時間にわたって収録した声で音声辞書システムを制作。渡辺直美の声を合成できるようにした。さらに、渡辺直美の表情を3Dモデリングでデータ測定し、口の動きをリアルに再現。渡辺直美の言葉と表情を再現することを試みた。

 このような音声と映像の合成技術により、タレントを撮影しなくても広告を制作できるようになる。クリエイティブの入稿から掲載までの時間が短縮でき、限られたタレントリソースを最大限に活かすことが可能になる。

MarkeZine編集部[著]