日本代表を指揮するハリルホジッチ監督/(C)新井賢一

写真拡大

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選の第7戦が、3月28日(火)に行われる。

【写真を見る】UAE代表戦で勝利を挙げた日本代表/(C)新井賢一

6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、ホームの埼玉スタジアムでタイ代表と激突。前日会見に出席した日本代表を率いるヴァイッド・ ハリルホジッチ監督は、「タイは良いチームだから気をつけないといけない。とにかく勝利を求めている。そして、選手はそれをやらないといけない」と意気込みを語った。

日本代表は、3月23日(木)に行われた第6戦でUAE代表と激突。敵地で2-0と快勝していた。指揮官は「UAE戦は素晴らしい試合をした」と認めつつ、タイ代表戦に向け、気を引き締めた。

「選手には、『この試合(UAE代表戦)の価値は次の試合に勝つことで生まれる』と言った。UAE戦後に『次はタイ戦だぞ』と」

日本代表は10試合中6試合を消化し、4勝1分け1敗の勝ち点13で首位のサウジアラビア代表と同勝ち点で、グループBの2位。1分け5敗の勝ち点1で、最下位に沈むタイ代表との一戦となるが、ハリルホジッチ監督は「たくさんの人が簡単な試合だと思っているが、私は逆」とコメント。「難しい試合になる」と続け、「ちょっとの気の緩みが受け入れがたい結果を招く」と心がはやることもなかった。

本大会への出場権はグループ上位2カ国に与えられる。【ウォーカープラス編集部/コタニ】