カード不要で出入金ができる時代!ひと手間が省ける「スマホATM」を使ってみた

写真拡大 (全3枚)

じぶん銀行セブン銀行は、3月27日にキャッシュカードを使わずにスマホで入出金を行う「スマホATM」サービスをスタートした。

筆者も、じぶん銀行ユーザーでもあるので、早速スマホATMサービスを試してみた。

このサービスは、全国2万3,000カ所のセブンイレブンなどに設置されているセブン銀行ATMで利用できる。

使う前に設定が必要 スマホ認証での利用登録の手続きが必要だった
スマホATMサービスを利用するには、まずじぶん銀行アプリでのスマホ認証サービスの初期設定を行う必要がある。

初期設定の際に着信可能な携帯電話番号が必要になるため、設定の前に登録情報が最新の情報であるか確認しておこう。
登録情報はじぶん銀行サイトにログインして変更することができる。

じぶん銀行アプリのスマホATMメニューを初めてタップすると、画面に従って初期設定を行うことができる。
お客様番号とパスワードでログイン後、カードの裏側にある数字の中からランダムで4桁入力する。二段階で認証を行ってセキュリティを確保している。

認証後、ワンタイムパスワード発行のために登録の携帯電話番号に電話着信がくる。
自動音声でワンタイムパスワードを確認し、スマホ認証の初期設定メニューを開いて入力すると登録が終了する。

手順をあらかじめ理解できていれば、すぐに終わる設定ではある。
しかし、筆者は携帯電話番号の変更のために一度操作を中断したり、ワンタイムパスワードの入力場所を探したりと、少々時間がかかってしまった。

いざ、セブン銀行ATMで実際に出入金してみた 
初期設定が終わったので、早速近くのセブンイレブンのセブン銀行ATMに行ってみた。




ATMのメニューで、「スマートフォン出金、入金」を選択する。
次に、スマートフォンのじぶん銀行アプリを起動し、入金を選択する。




スマートフォンのカメラが起動するので、ATMに表示されたQRコードを読み込む。
QRコードの読み込みが完了すると、スマートフォン画面に企業番号が表示される。

今度は、ATMでの操作だ。この企業番号をATMのテンキーで入力すると認証は無事完了する。

ATMの入金口が開くので紙幣を入れると入金が完了する。
入金はキャッシュカード利用時と同様、暗証番号は必要ない。
出金の場合も、入金と同様の操作で行うことができる。
スマホアプリで出金金額を指定することができるので、ATMを操作せずに、ほぼスマホで完了できる。

いつも引き出し金額が同じ場合は、クイック出金設定で金額を設定しておくとスムーズな操作が可能となる。
なお、出金の場合は、じぶん銀行の暗証番号の入力は必要となる。

スマホATMの使い勝手はどうなのか?
実際、スマホATMを使ってみたが、正直キャッシュカードを使わないメリットだが、筆者には、今回の利用の仕方だと、いまひとつ感じられなかった。

お金を出入金するとき、お財布は手元にあるからだ。
カードを挿入して暗証番号を入力する手間と、スマホでQRを読み込んで企業番号を入れる手間が、実際に利用してみると、筆者には、それほど変わらないように感じられた。

スマホATMは、通常の利用時では、カード利用とあまり手間は変わらない。
では、このシステムのメリットはどこにあるのか?

このサービスの真価は、
・お財布を忘れたとき
・荷物が多くて、お財布を出すのが面倒なとき
といったシチュエーションなのではないだろうか。

緊急でお金が必要になったときに、
・スマホしか持っていない
・スマホを手にもっている
といったシーンは、説活の中で意外に多く、こんな場面では非常に便利に活用することができると思われる。

また、ATMの操作が苦手な人の場合、スマホの操作で手続きできるため、スマホATMに慣れると快適に感じる人も多そうだ。

気になったセキュリティについては、
じぶん銀行アプリ自体にパスワードロックがかかっている上、出金には暗証番号も必要なため、おおむね問題ないと思われる。

スマホATMは、最初だけ設定が必要だが、設定しておけば、キャッシュカードを出すひと手間が面倒なシーンなどで、カードとスマホを使い分けることが可能となる。
そう考えると、使い方の選択肢が広がり、ストレスフリーになるとも言えそうだ。

おサイフをもっていても、電子マネーをコンビニでは使ってしまうようなイメージだろう。

じぶん銀行を利用している人は、是非一度試してみてはいかがだろうか。


ちえ