イム・スヒャン、新ドラマ「ムグンファの花が咲きました」ヒロインとして合流確定

写真拡大

女優イム・スヒャンがKBS 1TV毎日ドラマ「ムグンファの花が咲きました」の主人公としての出演を確定した。

イム・スヒャンがKBS 1TV毎日ドラマ「ムグンファの花が咲きました」の主人公に決まった。デビュー後、初めての毎日ドラマ挑戦だ。「輝けウンス」の後番組である「ムグンファの花が咲きました」は、ボクサー出身で死別した夫の代わりに警察になったムグンファが、チャムスリ派出所の地区隊で勤務しながら温かい正義を見せ、社会の強者たちに一喝するヒューマンドラマだ。イム・スヒャンはドラマのタイトルにもなっているムグンファを演じ、チャムスリ派出所を背景に繰り広げられるエピソードの中心になる予定で、派出所チーム長チャ・テジン(ト・ジハン) と次第にロマンスを形成する見込みだ。

2016年KBS 2TV「ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5人!?」と、MBC「吹けよ、ミプン」で連続ヒットを飛ばしたイム・スヒャンが、後番組として「ムグンファの花が咲きました」を選んだのは、ドラマが与えるメッセージに対する響きが大きかったからだ。「ムグンファの花が咲きました」のあらすじを読んですぐに、主体的でありながらも試練を懸命に克服するムグンファの力ある姿に引き込まれ、出演を素早く決めたとのことだ。イム・スヒャンは、所属事務所ハニャンE&Mを通して「人生初の毎日ドラマの主人公になって、期待も緊張も大きい」とし「視聴者が前作での姿を完全に忘れられるように、ムグンファの役割に完璧に集中し、いい姿を見せたい」という覚悟を伝えた。

「ムグンファの花が咲きました」は「輝けウンス」の後番組として韓国で5月から放送される。