美少女が時間と場所を限定したドラマに結集! (C)フジテレビ

写真拡大

 総合エンタテインメントサイト「フジテレビオンデマンド(FOD)」によるオリジナルオムニバスドラマ「&美少女 NEXT GIRL meets Tokyo」が、4月から放送されることが決定した。各エピソードの主演を、平成29年度後期連続テレビ小説「わろてんか」のヒロインに選ばれた葵わかな、「14の夜」の好演が記憶に新しい浅川梨奈、「散歩する侵略者」(9月9日公開)で初のアクションを披露する恒松祐里ら、今をときめく若手女優12人が務めることがわかった。

 本作は、「表参道×19:00」「渋谷×17:00」といった各話のタイトル通り、“場所”と“時間”を限定した約25分の物語が展開する。“女の子たちに本当に起きていそうな日常”をコンセプトにしたストーリーは、地域の性質や時間帯の違いによって、各エピソードごとにカラーががらりと異なり、主人公となった少女たちが恋愛、家族関係、仕事や勉強、将来の夢と向き合う様を描き出す。

 第1話のヒロインを務めるのは、ドラマ初主演となる古畑星夏。「池袋×19:00」という状況設定のもと、21歳の美大生・笹原彩を演じている。飲み会へ向かっていた彩が、田舎で暮らしているはずの母と偶然都会で出会ったことから予期せぬ展開に見舞われていく様を描いており、美大という才能が試される場所を選んで上京した彩の揺らぐ心情を、古畑が繊細な演技力で体現する。

 葵、浅川、恒松、古畑以外に、「ひるなかの流星」でクラス一の美女・ゆゆかを演じる山本舞香、「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」に出演した南乃彩希、「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」(5月20日公開)で劇場公開映画初主演を飾る松風理咲、「君の膵臓をたべたい」(7月28日公開)に参加する大友花恋、第7回東宝シンデレラ審査員特別賞を受賞した秋月成美、「ドクムシ」の水上京香、「ポカリスエット」のTVCMでお馴染みの八木莉可子、モデルとしても活躍する仁村紗和がヒロインに抜てきされている。

 「&美少女 NEXT GIRL meets Tokyo」は、4月5日から「フジテレビオンデマンド(FOD)」で先行配信(全12話。毎週水曜日に更新)。その後、地上波(フジテレビ)で、4月12日から毎週水曜日深夜2時から放送される。