日本橋日本酒プロジェクトは4月15日(土)の14時から18時まで、日本橋エリアの飲食店など約50店舗をめぐって全国各地の約51蔵による日本酒が味わえる利き酒イベント「第5回 日本橋エリア日本酒利き歩き 2017」を開催する。

【写真を見る】参加者は”オリジナルの利き酒専用お猪口”で日本酒を楽しめる

今回は2016年9月にオープンした日本橋室町(東京・中央区)の福徳神社横の広場「福徳の森」で、飲食、物販ブースが出店。三越前や人形町界隈だけでなく、日本橋小網町や日本橋大伝馬町などのエリアも加わって、日本橋エリアを歩いて楽しめるようになった。

参加者は、受付で「オリジナルの利き酒専用お猪口」を手に飲食店1店舗に対して酒蔵1蔵を回って日本酒を心ゆくまで楽しむことができる。

各飲食店では、自慢の銘酒を出品する各蔵元が参加者を出迎え(ただし一部蔵元不在)、参加者に日本酒を注ぐ。蔵元いち推しの銘酒秘話や地元名物、逸話など、日本酒や酒蔵にまつわる会話も余興の一つだ。

また、おつまみは300円から1000円程度の手頃な価格で、各店舗において日本酒に合うメニューをオリジナルで用意する。

参加費は前売券が2500円、当日券が3000円。定員の7000人に達し次第、販売終了で、当日券を販売しない場合もある。日本酒好きには堪らない本イベント、参加してはいかが。【ウォーカープラス編集部/米木】