日本とどう戦う?タイ代表「ジーコ」監督、熱く語っていたぞ

写真拡大

『FOX』は26日、タイ代表監督を務める「ジーコ」ことキャティサック・セナムアン氏のインタビューを掲載した。

2014年からタイの監督を務めたジーコ。かつてのブラジル代表MFジーコ氏をアイドルとしていたことから付けられた愛称を持っている人物だ。彼はかつてU-23を率いていたこともあって、大胆な若返り政策を実行してチーム力を確実に高めてきた。

その実績から先日契約を延長しているが、今回のワールドカップ・アジア最終予選ではすでに1分け5敗と突破の可能性をほぼ失ってしまった。

その中で迎える日本代表とのアウェイゲームは、現在よりも将来に向けての戦いとなる。

キャプテンである「悪魔の左足」ティーラトン・ブンマタンを欠く中でどうやって日本と戦うか?『FOX』のインタビューに対して以下のように答えている。

キャティサック・セナムアン“ジーコ”(タイ代表監督)

(ワールドカップの夢は終わったが、まだ4試合が残っている。チームから何を引き出したい?)

「代表チームを改善させ続けたいと思っているよ。アジアの高いレベルでプレーできるようにしたいし、そのギャップは決して大きくはないと確認したい。それが目標だ。

タイでは、地元のリーグのレベルという点で改善がある。それはとても良いことであるし、我々には多くの良い選手がいる。

そして、我々はその力を見せたいし、それに挑戦しなければいけない。何ができるかを見せなければならない。タイのサッカーが何者であるかをね。これからの試合で。

我々はそれが簡単なものではないと分かっているが、挑戦しなければいけない。それがやるべきことの全てだ」
キャティサック・セナムアン“ジーコ”(タイ代表監督)

(予選の重圧から解き放たれて、より自由にプレーできる?ピッチの上で何を期待する?)

「いいや。何も悩んではいない。このラウンドに進めただけで我々にとってはボーナスのようなものなのだからね。

我々はASEAN(東南アジア)の国であり、この地域を代表している。タイのためだけに戦っているわけではない。ASEANの国全てのためにプレーする。

東南アジアの国全てを成長させ続けたい。なぜなら、ここでワールドカップにたどり着いた国はひとつもないからね。タイは良いパフォーマンスを見せてきたし、このギャップを埋め、同じ舞台に上がり続け、それを一貫させたい」

(日本をどのように倒しますか?カウンターが必要なのか、もっとアグレッシブに最初から戦うか?)

「私はこれまでも選手に話してきたんだ。もし3ポイント、いや1ポイントでも取れれば素晴らしい記憶になるだろうと。それは長い間選手たちの頭に残っていくだろう。

カギは、強いメンタリティ、戦うメンタリティ、そしてもちろん自分たちの規律と調子を保たなければならない。そして、もっと攻撃に出ていかなければいけないね。

攻撃しなければ点は獲れない。それは明らかだ。ただ、カギは我々が前向きなメンタリティを持ち続けられるかだね。なぜなら、サッカーは全てが起こり得るからだ」