左より、K92、K72、K52

写真拡大

 ヘッドホンは録音スタジオなどでも必須の機材。AKG(オーストリア)から同社プロフェッショナルシリーズのヘッドホン「K92」「K72」「K52」が3月24日(金)に発売された。シリーズの最新エントリーモデルとしてより快適に使え、録音モニターだけでなく音楽もいい音で楽しめるように設計されている。スマホやポータブルミュージックプレーヤーにもつなげる。取り扱いは輸入オーディオ機器のハーマンインターナショナル。オープン価格で、直販サイトでの価格はK92が9,880円(税別、以下同様)、K72が7,880円、K52が5,880円。

 周囲の音を抑えて音楽を聴きやすくする密閉型で口径40mmのダイナミックドライバー(スピーカー)を採用。スマホなどの小パワーでもドライブできる低インピーダンス仕様となっている。上位モデルと同様、頭に着けるだけでヘッドバンドの長さを自動的にアジャストする仕組みで、大型のイヤパッドで長時間のリスニングも快適。小径の3.5mmステレオミニから6.3mmステレオ標準への変換プラグを付属する。インピーダンス32Ω、ケーブル長3m(K52は2.5m)、本体重量200g。