鴻海出身の載正呉社長(写真:時事通信フォト)

写真拡大

 シャープは2017年3月期の業績が大幅に改善する見通しで、東証一部への復帰も間近と見られる。このV字回復を主導したのが、親会社となった鴻海から送り込まれた戴正呉社長だ。家電業界を長年取材する立石泰則氏がレポートする。
 
 同氏が注目するのは戴社長による社員への「メッセージ」だ。その一つは《短期的には、一日も早く黒字化を実現するとともに、シャープを確かな成長軌道へと導き、売上・利益を飛躍的に拡大していくことです。その実現のためには、鴻海との戦略的提携が鍵となります。両社の強味を活かした幅広い協業を加速し、大きなシナジーを生み出せるよう、私が先頭に立って取り組みます》というものだ。

 * * *
 載氏は社長就任後、社員に直接呼びかける「社長メッセージ」を節目節目で発信し、本社のスリム化を徹底した。

 社員の意識改革を求めるメッセージを、戴社長はこれまで七回配信している。いわば精神論に過ぎないが、それでも裏付けされる結果が目に見えるようになれば、戴社長と鴻海の求心力は高まり、シャープは名実共に鴻海グループの一員となる。

 本社のスリム化の最大の特徴は、「社長室」と「管理統括本部」の新設である。

 前者は約二百人規模で、傘下に人事や法務、IT、広報、渉外などの各担当を置く。東京支社は組織として解消し、経産省など官庁との交渉も社長室が担う。いわば、戴社長の参謀本部である。

 後者には、財務部や経理部、経理管理部、資材部、総務部などが置かれる。つまり、本社部門をこの二つのセクションが統括し、その上に戴社長が君臨するというわけである。指揮命令系統をシンプルにして、親会社の鴻海からの指示がシャープの末端にまで行き届くようにしたのだ。

 前向きに考えるなら、鴻海とのシナジーが効率良く発揮できるようにしたものだと言える。少しネガティブに考えるなら、鴻海による管理が強化され、シャープの自由度が低くなったとも言える。

 戴社長はシャープの経営に専念するため堺本社から離れることが少ない。その戴社長が東京のメディアの前に初めて姿を現したのは、十一月一日の二〇一六年度第2四半期連結業績発表の席だった。

 写真よりも小柄に見えた戴社長だが、力強く野太い声から押しの強さを連想させた。鴻海で厳しい競争を勝ち抜いてきただけあって、腰が据わった印象を受けた。

 決算概要では、営業利益が二十五億円と三期ぶりの黒字化を達成し、本業の回復の兆しを見せた。中間決算で見ても七千五百万円と金額は少ないが黒字化を達成している。社長就任からわずか三カ月での成果である。

 質疑応答に入って分かったのは、シャープ社長として「言えること、言えないこと」、あるいは「判断できること、できないこと」を明確に区別し、軽率な発言をしないことだ。

 たとえば、中期経営計画の発表が遅れているのではないかという質問に対し、戴社長は「昨年の中期経営計画のような黒字(見通し)と発表しておきながら、結果は大赤字になりました。私は、そういうことはしたくない。発表したことは必ず実現します。ですので、来年の四月頃には発表したいと思っています」と毅然として答えた。

 その後も、戴社長は各地の事業所を回っては経営基本方針の徹底、意識改革を求め続けた。

 戴社長は翌一七年三月十三日に「社長懇談会」を開く旨を各メディアに伝えた。本社の正面玄関に足を踏み入れると、一階フロアの奥に創業者・早川徳次の銅像と「経営信条」と「経営理念」の二枚のプレートが展示されていた。

 社長懇談会は同じフロアの多目的ホールで開催された。しかし始まって少し困惑したのは、社長懇談会と銘打ってあるものの、実態は「戴体制七カ月の中間報告」だったからだ。

 副社長兼管理統括本部長の野村勝明氏を始め主要役員・幹部九名が戴社長とともに担当する事業分野の説明に立った。

 二〇一六年度連結業績の通期見通しが、営業利益、経常利益、最終利益とも四ケタの赤字を計上した前年同期と比べて大幅に改善していたことが、戴社長を始め説明に立った経営幹部たちを雄弁にし、表情を明るいものにしていた。

文■立石泰則(ノンフィクション作家):たていし・やすのり/1950年、福岡県生まれ。中央大学大学院法学研究科修士課程修了。週刊誌記者等を経て、1988年に独立。1993年に『覇者の誤算―日米コンピュータ戦争の40年』で講談社ノンフィクション賞受賞。2000年に『魔術師 三原脩と西鉄ライオンズ』でミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞。『さよなら!僕らのソニー』『パナソニック・ショック』など家電メーカーに関する著書多数。

※週刊ポスト2017年4月7日号