ソウルの日式居酒屋で日本酒を酌み交わす韓国人 Reuters/AFLO

写真拡大

 日韓関係は、反日に明け暮れる韓国によってもはや修復不能の事態に陥っている。韓国の国民は、本当は「日本をどう思っているのか」。ソウルでの取材で、率直な感想、思いを語ってもらった。

「韓国は“日本に追いつけ追い越せ”を目標にしてきたが、あらゆる面において日本には勝てないことを悟った。乗用車を見ても、故障の少ないトヨタとリコールを連発する現代の車を比べればその差は歴然だ」(30代男性・自営業)

「私も含め、日本に行ったことがある人なら、日本が嫌いという人はほとんどいないはず。韓国よりも人が親切で優しいし、文化的にも学ぶべきことは多い」(20代女性・予備校生)

「日本人は穏やかな人が多いが、感情が読み取りにくく本音が分からない。自己主張が強く、あけすけに物を言う韓国人との違いだ。日本人も遠慮せず言いたいことを言った方が良いのではないか」(40代男性・会社役員)

「冷静に考えれば、日本にケンカを売って得なことは一つもない。韓国国内では『反日』を煽る人々の声が大きく、政治家や国民はそれに同調しているだけ。正直言って、ごく普通の韓国人は慰安婦問題も独島問題もさほど興味がないし、反日で国益が損なわれるとしたら実に迷惑だ」(20代男性・大学院生)

 匿名だからこそ打ち明けることができた韓国人の本音。韓国社会はこうした肉声を「売国的」と封殺せず、真摯に耳を傾ける必要があるのではないか。

※SAPIO2017年4月号