公共政策網路参与平台(join.gov.tw)より

写真拡大

(台北 27日 中央社)聴覚障害者を題材にした日本のアニメーション映画「聲の形」が「聴覚障害者を商品化している」として、台湾での公開を反対する声が一部から上がっていたことが27日までに分かった。だが、市民からの意見を受け取った行政院(内閣)は映画関連の法律に基づき、提案を却下。同作は予定通り、今月24日から各地の映画館で上映されている。

上映反対の意見は「聴覚障害者を商品化する映画は台湾から出て行け」との見出しで今月16日、公共政策について一般市民から意見を募るサイト「公共政策網路参与平台」に提出された。反対理由としては、作品が自殺やいじめを扱っており、子供のアイデンティティーがかき乱されるのではとの懸念を保護者が抱く恐れがあることなどが提示された。

意見を受け取った行政院は17日、同作は主管機関である文化部(文化省)の年齢制限審査を通過しているため、映画法(電影法)の規定に沿って上映は可能だと説明し、提案を退けた。

同作の台湾の配給元は26日、日本の文部科学省が障害のある子供を支援する政策への理解や普及を図ろうと同作とタイアップしていることに触れ、「台湾には同作が子供にとって悪い教えになると考え、上映を阻もうとする過激派がいるなんて」と上映反対の声を遺憾とするコメントをフェイスブック上に掲載した。

有名映画評論家の膝関節氏も26日、自身のフェイスブックに「行政院が却下してくれて何より」と上映を支持する文章を投稿している。

(編集:名切千絵)