JTBC推理バラエティ「クライムシーン3」ついに復活!来月28日の初放送に早くも期待高まる(動画あり)

写真拡大

JTBCの推理バラエティ「クライムシーン3」が、韓国で4月28日夜9時に初放送される。

「クライムシーン」は、実際の犯罪事件を再現した状況において、出演者が自ら容疑者や関連人物になって、犯人を明らかにするRPG(Role-Playing Game) 推理バラエティ番組だ。

2014年5月に初放送されて以後、映画よりもっと映画らしいストーリーラインと、事件現場をそのまま再現した映画「ドッグヴィル」のようなセット、そして出演者の完璧な推理で好評を受けた。

韓国だけでなく、中国のマンゴー(芒果) TVを通じて中国版が放映され、週間オンライン視聴者数1位を記録するなど、中国でも大人気となった。昨年4月にはアメリカ・ヒューストンで開かれた「ヒューストン国際映画祭(WorldFest-Houston International Film Festival)」のテレビエンターテインメントコンペティション部門で金賞を受賞して、作品性を認められた。

昨年12月にはアジア最大のテレビ授賞式である「アジア・テレビジョン・アワード(Asian Television Awards)」で「最高のゲーム・クイズ プログラム(Best Game or Quiz Programme)」部門の最優秀賞を受賞した。

昨年下半期から制作に突入した「クライムシーン3」の制作スタッフは、以前のシーズンよりも一層完成度の高いストーリーラインと推理ルールを実現するために、精魂を込めたという裏話があるという。特に、現代の社会像を反映したストーリーとキャラクターが、番組への没頭度を高める予定だ。