4月13日(木)に初回2時間SPでスタートする、内藤剛志主演ドラマ「警視庁・捜査一課長 season2」(テレビ朝日系)の主題歌が、先日海外初進出となる台湾でのライブも盛況に終わった2人組ユニット・GLIM SPANKYの「美しい棘」に決定した。

【写真を見る】内藤剛志は「素晴らしい曲をいただきました」と主題歌決定を喜ぶ/(C)テレビ朝日

「警視庁・捜査一課長」は2012年7月に「土曜ワイド劇場」で産声を上げ、2016年4月クールの「木曜ミステリー」枠で連続ドラマとして羽ばたいた人気刑事ドラマシリーズの第2弾。

“連ドラの鉄人”の異名を誇る俳優・内藤が1年ぶりに、ヒラ刑事から這い上がってきた“たたき上げ”の捜査一課長・大岩純一を演じる。その他、斉藤由貴や金田明夫などシリーズを支えてきたおなじみの面々が再集結し、今シリーズより新たに実力派俳優・田中圭が加入するのも注目を集めている。

4月12日(水)にミニ・アルバム『I STAND ALONE』の発売が決定し、先日、リード楽曲である「美しい棘」のミュージックビデオも公開したGLIM SPANKYの「美しい棘」が主題歌に決定したことについて、主演の内藤は「素晴らしい曲をいただきました。棘は外側にも自分にも向けられたものなのですね」と感激。

「(松尾)レミさんの心を絞り出すような美しいシャウトと、太くドライブする亀本(寛貴)さんのギターは『立ち止まれ、感じろ、考えろ、そして希望を探せ』と語りかけてくるような気がします。僕たちのドラマもそうでありたいと願っています。美しい棘を胸に、スタッフ、キャスト全員で前進したいと思います」と意気込みを語った。

内藤演じる大岩一課長を中心とした“熱き刑事たちのドラマ”と、GLIM SPANKYが放つ“熱きロック魂”が融合し、さらなる熱さと感動をもたらす“シーズン2”になるに違いない。