柴咲コウ主演の大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)に出演中の千賀役・財前直見とたけ役・梅沢昌代が、静岡・浜松の大河ドラマ館(浜松市みをつくし文化センターホール)を視察した。

【写真を見る】ファンにはおなじみの井戸端に建てられたしばさきパネルと記念撮影!

同館は「おんな城主 直虎」の放送に合わせて設置され、1月15日からオープン。3月5日には入場者数が10万人を突破している。

財前と梅沢は、「直虎ふるさとトークショー〜井伊を支えたおんなたち〜」に参加するため同市を訪れ、イベント前に大河ドラマ館を訪れた。

エントランスを入った二人は、突き当りに飾られたMaaya Wakasugiによる「―直虎」の題字を見つけると、「すごーい!」と感激。ちなみにこのMaaya氏は'16年のダボス会議Japan Nightでも書き初めパフォーマンスを行った人物。このダボス会議の際に、かつて大河の題字を担当した先輩方に対して、「次は自分が題字を書きます」と宣言。その後、正式にオファーを受けたという。

エントランスを抜けると、「直虎」ファンにはおなじみの井戸が姿を現す。作中では、おとわから次郎法師、そして直虎と名を変えても、彼女と幼なじみの二人にとって思い出深い場所。大河ドラマ館では、一定時間ごとに昼と夜の照明が切り替わり、水辺には魚が泳ぐという仕様となっている。

また、その次のコーナーには、出演者の衣装が展示されている。千賀の夫・直盛(杉本哲太)の衣装を見つけた財前は、「殿の(衣装)だ!」と声を上げ、夫婦の仲睦まじさを見せていた。

さらに、二人は、「―直虎」のメイキング映像を紹介するコーナーや、作中のセットの世界に入り込めるVRコーナーに驚きながら、視察を完了。出口では、入場者からの大きな歓声を受け、あらためて作品の人気の高さをうかがわせた。

「―直虎」大河ドラマ館は、2018年1月14日(日)までオープンしている。