お嬢様高校を舞台に女子の暗部を描いた映画「暗黒女子」(4月1日・土公開)で、文学サークルの顧問・北条を演じる千葉雄大。女性キャストだらけの作品で「“借りてきた猫”状態になってましたね(苦笑)」と話す千葉に、映画の見どころを聞いた。

【写真を見る】濃厚なラブシーンにも初挑戦した千葉雄大/撮影=カノウリョウマ

──原作は読んだあとに残るイヤな気持ちがクセになる“イヤミス”の傑作小説。女子の秘めたる暗黒面を描いた物語ですが、男性としてはどんな感想を持たれましたか?

超セレブな女子高のきらびやかな世界観が、一見、非現実的なファンタジーのようで、10代の女の子の関係性がとてもリアルで、不思議な読後感でした。エンタテインメントに面白く描いてはいるんですが、こんなことないでしょ、あったら怖いよ、とも思えなくて。

──ということは、千葉さんも女子の暗黒面を目撃したことが?

結構、いまどきの男子は見てると思いますよ。昨日まで仲良しだったグループの1人が、次の日にいきなり外れてたりとか、3人でしゃべってたうちの1人がトイレに行ったとたん、2人がその子の悪口を言い合うとか、あるあるだと思うけど、僕も中学校の頃に目撃したことがあります。学校って閉じた世界だから、人間関係が濃厚で複雑になりがちなんですよね。そこのイヤな面を、怖く面白く抽出して描いた作品だなと思いました。

──女性キャストの多い現場だったと思いますが、雰囲気はいかがでしたか?

飯豊まりえさんとは雑誌のイベントで一緒になったり、みんなとは少なからず接点はあったんですが、男子高出身のせいか、女子が集団になってるところに入ると萎縮してしまって。みんなは楽しくワイワイやってましたけど、その輪には入っていけなかったです…。

──演じた北条先生という役どころについてはいかがでしたか? 文学サークルの顧問という立場で、本来なら指導者なのに、どこか生徒たちにもて遊ばれてる感じもしましたが。

完全に翻弄されてますよね。体育教師みたいに生徒にグイグイ絡んでいくタイプの先生とは真逆で、典型的な文系の先生。それでいて若い男性でもあるから、生徒たちにとっては格好のターゲットなんだと思います。文学サークルの朗読会で、生徒たちが小説の内容にかこつけて、淫らな会話を繰り広げるシーンがあるんですけど、あれって絶対に北条先生に聞こえるようにしゃべってますよね。いたたまれずその場から逃げ出してしまうところに、この学園での北条先生の立ち位置が現れてるなと思いました。でも僕も、あんな会話する女の子の中にいたら気まずくて逃げ出すと思います(苦笑)。

──しかし北条先生にも実はある秘密があって。今回、ラブシーンに挑んでいますが、いかがでしたか?

相手との距離が…かなり近かったです。ここまでのラブシーンは初挑戦ですし、なにぶん対人(たいひと)のことなので、相手がどう思ってるかはすごく意識するものだなと思いましたね。でも現場ではわりと共同作業というか、ある程度の手順を決めて、ほぼ一連の芝居で撮ったので、「よし、頑張ろう!」みたいに思いを一つにしたり、気持ちを確認しあいながらできてよかったです。

──しかも愛にあふれていて、かつとっても美しいシーンに仕上がっていますよね。

そう、生々しいというよりも、どこかファンタジックで。そこもこの作品の世界観ならではだなと思いましたね。

──大人の俳優として、一つ殻を破れたという感覚はありましたか?

うーん、個人的にはストーリー上、必要な芝居だったら、ぜんぜん抵抗はないんですよ。ただ、たぶんみなさんが僕に抱いていらっしゃるイメージとはちょっと懸け離れたシーンでもあるので、そこは新鮮に見ていただけるのかなと、反応が楽しみですね。

──ところで男子高出身の千葉さんですが、女子高がどんなところか、イメージできますか?

結構、学園祭とかでお邪魔させてもらったこともあるので、なんとなく雰囲気はわかります。男子が介在しない女子の世観というか。でも、そこは男子高も変わらないかな。僕の高校でも、急に女子が来るとみんなザワザワしたり、かっこつけたりするってことがありましたから(笑)。

──そう言えば、男子高を舞台にした映画「帝一の國」(4月29日・土公開)も近々公開されますよね。

あの現場は、まさに男子高の世界でした。各々が自由にやってて、誰もかっこつけてなくて、集まると記憶にないくらいのバカ話しかしなくて(笑)。でも、やるときは一致団結する。いちいち腹を探り合わなくてもいい、分かりやすいところが男子高にはありますね。だからスクールカーストも生まれにくいんですよ。僕の高校もなかったですし。たぶん精神年齢が、女子より低いからだとも思うんですが(笑)。その点、物事を複雑に捉えられる分、大変というか、面倒くさいこともあるのかもしれないというイメージが女子高にはありますね。

──複雑な関係性をギリギリのところで保つのも、女子の処世術だったりするわけですが、北条先生はそのパワーバランスを壊してしまった要因でもありますよね。

でも、それも結果的にですよね。たぶん北条先生は無自覚だったと思うんですよ。たしかにわかっててやるより、無自覚なほうがタチは悪いですけど(笑)。生徒との恋愛も、はっきりは描かれてないけど、自分から行ったわけじゃないと思うんですよ。むしろ生徒のほうから来られて、そのうちどうしようもなく好きになってしまったというか。

──教師という立場としてはあるまじき行為でもあるわけですが。

倫理的にはよくないことですよね。でも、後先考えられなくなる恋愛もあるじゃないですか。生徒よりも大人なんだから、ちょっとは考えろよって思いますけど(笑)。あと、北条先生はあんまり女性に免疫がなかったんだと思います。もしかしたら、これが初めての恋愛だったのかもしれない。

──その視点で見ると、北条先生にも同情してしまいます(笑)。そういう意味でも、本作は男性と女性では、見たあとの感想がかなり違いそうですね。

そうそう、だから男だらけの上映会をしてみたいんですよ。現場では本当に孤独だったので、男同士で感想を語り合いたいです(笑)。

──女性にとっては、男性に自分たちの黒い面がバレてしまうという怖さもあります…。

いや、でもさっきも言ったように、けっこう男子もわかってますから、ショックを受けるというよりは、純粋にエンタテインメントとして楽しめるんじゃないかなと思いますね。それに暗黒面を知ったところで、好きになったらそれも全部帳消しになってしまうんですよ。ちょうど北条先生が、恋愛にのめり込んでしまったように。

──千葉さんには、キュートな面立ちでキラキラしていて、といった印象がありますが…、一つだけ暗黒面を明かしていただいてもいいですか?

「僕はけっこうあざといです。そこは周りからも言われるけど、ちゃんと自覚もしてます(ニヤリ)」