2017年3月27日、ロシアの軍事専門家はこのほど、太平洋での戦力で20〜30年後に中国が米国を追い抜くとの見解を示した。ロシア通信社スプートニクの中国語ニュースサイトが伝えた。

政治軍事分析研究所のアレクサンドル・フラムチーヒン副所長は、スプートニクのインタビューで、「中国海軍に新たに加わる空母は、太平洋のパワーバランスを変化させ、中国の発展に有利な方向にシフトさせる」とし、「20〜30年後、中国海軍はこの地域における実力で米海軍を追い抜くだろう」と指摘している。

中国国産であり2隻目となる空母は今年4月末に進水する可能性があると中国メディアが報じている。

フラムチーヒン氏は「中国海軍は現在、世界のトップ5に属し、特定の分野では上位3カ国に入り、太平洋での戦力は、米国に次ぐ2位だ」と指摘する。米海軍は現在、10隻の空母を保有し、各空母に最大70機の航空機を搭載可能だ。米空母の総数の3分の1が異なる時期に太平洋に配備されている。軍事分析会社グローバル・ファイアパワーは、中国は1隻の空母と1230機の戦闘機、200機の武装ヘリを保有し、太平洋の空母群にそれらを効果的に移すことができるとしている。同氏は「中国の新空母に艦載機射出のためのカタパルトが搭載されるなら、それは競争力を非常に向上させる」と説明する。

中国海軍の現有空母「遼寧」は旧ソ連製の「ワリャーグ」を基に改装したものだ。中国国防部は2015年12月、国産空母の建造を進めていることを明らかにしている。(翻訳・編集/柳川)