『ハッピーアワー』

写真拡大

濱口竜介監督の映画『ハッピーアワー』の凱旋上映が、4月22日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで開催される。

【もっと画像を見る(4枚)】

『第68回ロカルノ国際映画祭』で主演の4人が最優秀女優賞を受賞した同作。『ナント三大陸映画祭』や『シンガポール国際映画祭』『アジア太平洋スクリーン・アワード』といった映画祭でも賞を受けており、以降アメリカ・ニューヨーク近代美術館など国内外で上映されている。また濱口は同作の成果を評価され、『第66回芸術選奨』映画部門新人賞を受賞した。

同作は、様々な不安や悩みを抱えながら生きる30代後半の女性たちを主人公に、それぞれの家庭や仕事、人間関係などを3部構成で描く作品。上映時間は5時間を超える。

今回の凱旋上映では、上映後のトークイベントや濱口によるティーチインの実施も予定。さらに濱口の過去作品である『PASSION』『永遠に君を愛す』『天国はまだ遠い』も同時上映される。