30日までは多くの地域で晴れや曇り  4月1日に気温急降下/台湾

写真拡大

(台北 27日 中央社)中央気象局が27日発表した週間予報によると、27日日中以降は大陸からの寒気団が弱まる影響で、各地で気温が上昇し、暖かくなる見込み。30日まではほぼ全域で晴れや曇りとなる。31日からは前線の通過や大陸からの寒気団が流れ込むため気温が再び下がり始め、中部以北と東部では雨が降ると見られている。4月1日の北部や北東部の最高気温は前日より9度ほど下がる見込み。

27日の各地の予想気温は北部16〜25度、中部17〜26度、南部20〜27度、北東部16〜23度など。東部で雨がぱらつくのを除き、各地で晴れや曇りの予想。

28日から31日までは、北部で25〜26度、中部で28〜29度、南部で28〜31度、北東部で23〜25度まで気温が上がる見込み。だが4月1日には各地で気温が急激に下がり、最高気温は北部や北東部で17度、中部や南部で22〜23度に留まるとみられている。

(汪淑芬/編集:名切千絵)