ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社は3月27日(月)より、大人気商品「がぶ飲み」のコンセプトである”パネェ感”に基づいたキャンペーン「パネェ日本昔話」を開始する。

【写真を見る】日本昔話のリメイクならでは”気持ち悪い”顔をしたおじいさんが登場

本キャンペーンは、新しいデザインのパッケージボトルについているQRコードを読み込むだけで、漫画家の栗原正尚先生や中川ホメオパシー先生が「パネェ」形で日本昔話をリメイクした、「かぐや姫」や「カチカチ山」などの”パネェ日本昔話”を楽しめるキャンペーン。

昔からよく知られている日本昔話が、個性豊かな先生たちにより、原形が分からなくなるほど大胆にリメイクされた。

栗原正尚先生が手掛ける「かぐや姫」、「びわ弾きの芳一」は、ハードボイルドな展開に。また、中川ホメオパシー先生が手掛ける「カチカチ山」、「ねずみのすもう」は、おばあさんを愛してやまないおじいさんが登場する。全話、漫画ならではの表現で最初から最後まで目が離せない内容だ。

また、夏には「刃牙」シリーズで有名な板垣恵介先生ががぶ飲み限定のポスターを描き下ろすなど、今後も漫画家とのコラボを続けていく。日本昔話が大胆にアレンジされた本キャンペーン、がぶ飲みを買って漫画を読んでみよう!【ウォーカープラス編集部/米木】