パナソニックは、DSD再生にも対応したハイレゾ音源再生対応のCDミニコンポ「SC-PMX150」と「SC-PMX80」を5月19日より発売します。実売予想価格は、PMX150が7万円前後、PMX80が3万8000円前後。

↑PMX150(左)とPMX80(右)

 

本製品は、発売中のSC-PMX100/70の後継機。従来のハイレゾ音源(PCMフォーマット)に加え、新たにDSD音源の再生にも対応。PMX150は5.6MHzまで、PMX80は2.8MHzまでのDSDフォーマットをPCMリアルタイム変換して再生します。

↑PMX150

 

また、PMX150はWi-FiやLANケーブルを介してネットワークに接続することで、ホームネットワーク内のPCやNASなどに接続し、ハイレゾ音源のワイヤレス再生も可能。BDレコーダー「DIGA」のHDDに保存した音楽データをワイヤレス再生できる独自機能「サウンドジャンプリンク」に対応するほか、新たに音楽ストリーミングサービス「Spotify」にも対応しました(PMX150のみ)。

↑スーパーツイーターを備えた3ウェイスピーカー

 

このほか、CDの信号(44.1kHz/16bit)を88.2kHz/32bitのハイレゾ信号に変換して再生する「CDハイレゾ リ.マスター機能」や、DIGAの上位機種などにも採用されているUSBパワーコンディショナーの機能を回路に組み込んだ「内蔵パワーコンディショナー」などの高音質設計を採用し、よりクリアなサウンドを実現しています。

↑CDもハイレゾ相当にアップコンバートして再生します

 

PMX80は、前モデルPMX100のみに搭載されていた、PCとUSBケーブルで接続して音楽再生が楽しめる「USB-DAC機能」に対応。PC内のハイレゾ音楽を手軽に再生できるほか、USBメモリなどに保存したハイレゾ音楽の再生も可能です。

↑PMX80はネットワーク機能に非対応のため、背面のアンテナが省かれています

 

主な基本性能は共通ですが、ネットワーク再生やリ.マスター機能などに違いがあります。より高音質なサウンドやネットワーク再生機能を求める方はPMX150、手軽にハイレゾを楽しみたい方はPMX80がオススメです。