『ひるなかの流星』の初日舞台挨拶で涙した永野芽郁

写真拡大

やまもり三香の人気コミックを実写映画化した『ひるなかの流星』の公開記念舞台挨拶が、3月25日にTOHOシネマズ六本木で開催され、永野芽郁、三浦翔平、白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)、山本舞香、新城毅彦監督が登壇した。サプライズでやまもりからの手紙が代読されると、永野は「もう泣いちゃう」と大粒の涙を流した。

【写真を見る】永野芽郁のドレス姿が美しい!

やまもりの手紙は永野の頑張りを称えたものだった。「私が描いた与謝野すずめを演じてくださったのが芽郁ちゃんで本当に良かったなと心から思っています。芽郁ちゃんが魂を込めて演じてくれた映画がたくさんの人に届いたらいいな」。

永野は涙声で「想像してなかったので、最初の段階で顔がぐちゃぐちゃになっちゃったんですが」と涙をぬぐう。「すずめとして過ごしていた時間が長くて、ものすごく辛かったんですが、先生にそうやって言っていただいたことがいちばんうれしかったです」と感激しきりだ。

三浦は「君ねえ、ティッシュぐらいもってなさいよ」と演じた獅子尾の台詞を言いながらハンカチを差し出す。白濱は「本当に僕らが全力を出して映画を作りましたので、みなさんもよろしくお願いします」と頭を下げた。

山本も「芽郁がめちゃくちゃ頑張った作品なので、弱音も吐いたし、たくさん楽しい思いもした。いろんな感情がこもった作品です」と永野をねぎらった。

『ひるなかの流星』は、生徒と教師、クラスメイトのピュアな三角関係を描く青春ラブストーリー。田舎育ちで恋を知らない主人公・与謝野すずめを永野芽郁が、すずめが恋に落ちる担任教師・獅子尾を三浦翔平が、すずめに想いを寄せるクラスメイト・馬村役を白濱亜嵐が演じる。【取材・文/山崎伸子】