Girl′s Day、タイトル曲「I′ll be yours」MV公開…コンセプトは“駆け引きする女性”

写真拡大 (全3枚)

Girl's Dayが愉快でセクシーな女性となって帰ってきた。

Girl's Dayは本日(27日) 正午、各種音楽配信サイトを通じて5thミニアルバム「GIRL`S DAY EVERYDAY #5」のタイトル曲「I'll be yours」の音源及びミュージックビデオを公開した。

20ヶ月ぶりに完全体としてカムバックしたGirl's Dayは、愉快でセクシーな“駆け引きをする女性”のコンセプトを全面に出した。堂々とセクシーに男性のプロポーズを引き出す歌詞を、Girl's Dayならではの形で表現した。リズミカルで中毒性のある伴奏が曲の全体に響き渡り、肩を震わせる。さらに成熟した歌唱力とグルーヴから、空白期を経て成長したGirl's Dayの実力を伺うことができる。

ミュージックビデオも楽しい。歌手PSY(サイ)、ガールズグループEXIDなどのミュージックビデオを制作してきたDigipediのパク・サンウ監督、ソン・ウォンモ監督がメガホンを取った。メンバーたちはそれぞれ自身ならではのテーマを持っており、ミナは靴、ヘリはボクシング、ユラはピアノ、ソジンは美容院だ。Girl's Dayはそれぞれの魅力をアピールし、存在感を示した。

今年でデビュー7年目を迎えたGirl's Dayは、20ヶ月ぶりに愉快でセクシーな駆け引きをする女性に変身し、ファンに会う。

今回のニューアルバムは、Girl's Dayのメンバーたちが直接作詞に参加した曲と、ソジンとミナのソロ曲などで多彩に構成されている。