鈴木亮平

写真拡大

2018年1月から放送されるNHK大河ドラマ『西郷どん』の追加キャストが発表された。

【もっと画像を見る(2枚)】

林真理子の同名小説をもとにした『西郷どん』は、西郷隆盛を主人公に、これまでのイメージとは異なる「人間としての西郷」を描く作品。主演を鈴木亮平が務め、脚本を『花子とアン』『ハケンの品格』などの中園ミホが手掛ける。

今回出演が明らかになったのは、後の大久保利通である大久保一蔵役の瑛太、幼い頃から西郷に想いを寄せ、西郷の3人目の妻となる岩山糸役の黒木華、西郷の妹・琴役の桜庭ななみ、弟・吉二郎役の渡部豪太、西郷家の下男・熊吉役の塚地武雅、西郷の父・吉兵衛役の風間杜夫、一蔵の父・次右衛門役の平田満、西郷の母・満佐子役の松坂慶子となる。同作は今夏にクランクインする予定だ。