防弾少年団、米ビルボードとのライブインタビューを生中継…“史上最高の接続者数”を記録

写真拡大

防弾少年団が南米に続き、北米でも現地マスコミから高い関心を受けている。

22日(現地時刻)「WINGS TOUR」の南米コンサートを盛況のうちに終え、ニューヨークに到着した防弾少年団は、米ビルボード(Billboard) とiHeartRadio、Music Choiceなど、現地の音楽専門メディアとのインタビューを行った。

この日、防弾少年団のビルボードライブインタビューのニュースが伝えられると、ニューヨークのビルボード本社前は防弾少年団を見るために集まったファンでごった返した。

防弾少年団はビルボードとのライブインタビューで、韓国歌手としては最高ランキングである「ビルボード200」26位にランクインした感想と、「WINGS TOUR」北米コンサートに対する期待感を伝えながらメンバーそれぞれの魅力をアピールし、インタビューを通じて活気に満ちた雰囲気だった。

特に、全世界に生中継されたこの日のライブインタビューは、同時接続者数が1万8千人を突破し、ビルボードライブインタビュー史上最高の接続者数を記録した。

アメリカの人気インターネットラジオ放送局のiHeartRadioは、防弾少年団とのインタビューで、K-POPのアメリカにおける人気の理由と「WINGS TOUR」アメリカ公演の全席完売の記録などを集中的に紹介した。

防弾少年団は「今は音楽が言語を超越すると感じている。全世界のファンが僕たちの目を見ながら、彼らの言語で応援メッセージを送ってくれる。ファンのこのような姿が本当に大きな力になるし、僕たちをさらに成長させてくれる。コンサートに来るすべての方々が、僕たちからたくさんのエネルギーを得てほしい」とし、期待感を表した。

防弾少年団は来月初旬までアメリカ・ニューアーク、シカゴ、アナハイムを回り、「2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR」北米コンサートを続けていく。