JYJ ジェジュン、マカオで初のコンサートを成功裏に終了「楽しくて特別な時間だった」

写真拡大

JYJのジェジュンが25日、アジアツアーのマカオ公演を成功裏に終えた。

25日、ジェジュンのマカオコンサートに先駆け、彼のファンたちは24日からマカオのベネチアンホテル・コタイ・アリーナの前にかかったコンサートポスターの横断幕を背景に記念写真を撮影しながら彼の公演を待ち、25日の公演が始まる前からスタンディング姿勢でジェジュンを叫ぶなど、長い間待ってきたジェジュンの公演を見るためのトキメキでいっぱいだった。

ジェジュンは「マカオは初めて来ましたが、思ったより天気が晴れてはいませんでした。しかし、僕の心だけは晴れています」と挨拶した。これに対して、ファンは会場が割れんばかりの歓声で彼を迎えて、ステージ上でジャケットに着替えるジェジュンは「引き続き披露するステージは、皆さんと楽しめる曲を用意しました。みんな立って楽しみましょう」とし、ファンと1つになり始めた。

「Luvholic」「Kiss B」など、特有の魅力が溢れるエネルギッシュな雰囲気のステージを相次いで披露したジェジュンは、ファンに対して投げキスで雰囲気を盛り上げた。また「旅行でマカオにもう一度絶対来ようと思いました。マカオの楽しいところを教えてください」と言うと、ファンはマカオの名所を叫び、一緒に話し合った。

ファンたちはジェジュンのステージ一つ一つに歓呼した。ステージが終わるたびにジェジュンを叫ぶ歓声が続き、ジェジュンは現地の言葉で“ありがとうございます”と言い、感謝の気持ちを伝えた。「Love You To Death」「Breathing」のような甘い曲で歌唱力と感性を披露し、「Welcome To My Wild World」「Good Luck」などの速いテンポの曲ではすべてのエネルギーを噴出させ、目と耳を捉えた。そこに短いが心のこもった広東語まで、ジェジュンにハマるしかない理由でいっぱいの公演となった。

マカオを盛り上げたジェジュンは、公演を終えながら「初めてのマカオコンサート、本当に楽しくて特別だった時間でした。必ずまた会えることを祈っています。どこかで僕を呼んでくださる、望んでいる場所があるということは本当に幸せなことだと思います。また呼んでください。必ず駆けつけてきます」という感想を伝えると、ファンたちは何度も「ジェジュン」「愛している」を叫んだ。これに対して、ファンたちは最後のアンコール曲の「守ってあげる」を合唱してジェジュンを感動させ、再びステージに登場したジェジュンは「今日の公演に来ていただいた方々、本当にありがとうございます。また、会いましょう」とし、再会を約束した。

また、マカオ公演まで盛況のうちに終えたジェジュンは、4月1日台湾のカオシュン・アリーナで「2017 KIM JAEJOONG ASIA TOUR “The REBIRTH of J”」のフィナーレ公演を開く。