iPhoneで、また音声入力を間違って押してしまった!うざいキーボードの「マイク」ボタンを消す方法

写真拡大 (全4枚)

iPhoneで文字入力するには、ソフトウェアキーボードは無くてはならないものだ。
メールを返信したり、仕事の指示を出したり、ブログを書いたりと、キーボードがあるからこそ、スムーズな入力ができる。

iPhoneには、このほかにも、音声入力という方法も搭載されている。
iPhoneの音声入力は優れものだが、同音で異なる言葉だと、誤変換される場合もある。

音声入力はまだ発展途上ということもあり、音声入力を使っていない、必要としないという人もいるだろう。

しかし、ソフトウェアキーボードには、音声入力のための「マイク」ボタンが標準で搭載している。
このため、日本語キーボードから英語キーボードに切り替える際などで、地球儀ボタンを押そうとして、誤って「マイク」ボタンを押してしまった経験はないだろうか?

実は、「マイク」ボタンを押すと、音声入力モードになり、「終了」ボタンを押すまで、音声入力が終わらない。

筆者は音声入力モードに切り替わってしまったとき、「ああ、間違えた。」と思わずつぶやいてしまい、そのまま文字変換されてしまったという苦い経験もある。

そこで今回は、「マイク」ボタンをキーボードから消す方法を紹介しよう。

■キーボードから「マイク」ボタンを消そう
「マイク」ボタンは、設定を変更することでキーボードから消すことができる。

ホーム画面から「設定」をタップしたら、「一般」を選択しよう。




「キーボード」をタップすると、キーボードの設定画面に切り替わるので、「音声入力」をオフにしよう。




左が「マイク」ボタンあり(音声入力あり)、右が「マイク」ボタンなしの画面だ。
「マイク」ボタンなしだと、そのぶん「空白」ボタンが大きくなり、打ちやすくなる。




iPhoneユーザーで、「マイク」ボタンが不要な人は、ここで紹介したテクニックを試してみよう。


ITライフハック 関口哲司