TM & ©TOHO CO., LTD.

写真拡大

バンダイより、「ゴジラ」シリーズ19作目「ゴジラVSモスラ」に登場する怪獣「モスラ」の、成虫姿と幼虫姿の可動フィギュアセット「S.H.MonsterArts モスラ(成虫)&モスラ(幼虫) Special Color Ver.」が発売決定。

その他の画像つき【元記事】を見る

「プレミアムバンダイ」にて予約受付がスタートしており、価格は10,800円(税込)。発売時期は2017年8月が予定されています。


1992年に公開された「ゴジラ」シリーズ19作目の「ゴジラVSモスラ」に登場し、人間の味方として活躍した巨大な蛾の怪獣「モスラ」が、全幅約35センチの成虫姿と全長約17センチの幼虫姿で立体化。

モスラ(幼虫)は、ゴジラが破壊した船の油に引火し、炎がゆらめく海上でゴジラと戦ったシーンをイメージした、水に濡れたようなツヤのあるスペシャルカラーで再現。モスラ(成虫)は、横浜で繰り広げられたゴジラとバトラとの三つ巴の戦闘の中で、鱗粉を撒きながら夜空を羽ばたいたシーンをイメージしたナイトカラー仕様で再現されています。

モスラ(幼虫)は、節ごとに入っている関節により幼虫らしい動きが実現されており、モスラ(成虫)は、触角から放つ光線をイメージした付属の新規造形光線エフェクトを取り付けることで、劇中の戦闘シーンを演出できます。さらにモスラ(成虫)は、付属の専用台座により飛行シーンをイメージした、動きのあるポーズでのディスプレイも可能とのことです。