写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニットコムは23日、iiyama PCブランドの「SOLUTION ∞」にて、Xeon E5プロセッサを搭載し、GPUとしてNVIDIA Quadroシリーズを搭載したCAD設計向けワークステーションを2モデル販売開始した。BTOに対応し、直販価格は税別519,980円から。

8コア / 16スレッドのIntel Xeon E5-2620v4を採用したエントリーモデルと、18コア / 36スレッドのIntel Xeon E5-2695v4を2基採用したハイエンドモデルをラインナップしている。グラフィックスはQuadroシリーズを搭載。また、ストレージを480GBの大容量なSSDにすることで、高速起動を実現している。

○エントリーモデル「SOLUTION-TT9W-Xe5D-TQS-CAD」

標準構成の主な仕様は、CPUがIntel Xeon E5-2620v4(2.10GHz)×2、メモリが64GB DDR4-2400 Registered ECC(8GB×8)、マザーボードがIntel C612搭載Supermicro製X10DAi、グラフィックスがNVIDIA Quadro M4000 8GB、ストレージが480GB SSD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、電源が850W 80PLUS PLATINUM認証、OSがWindows 10 Pro 64bitなど。本体サイズはW198×D588×H454mm。税別価格は519,980円から。

○ハイエンドモデル「SOLUTION-TT9W-Xe5D-IQS-CAD」

標準構成の主な仕様は、CPUがIntel Xeon E5-2695v4(2.10GHz)×2、メモリが64GB DDR4-2400 Registered ECC(8GB×8)、マザーボードがIntel C612搭載Supermicro製X10DAi、グラフィックスがNVIDIA Quadro K620 2GB、ストレージが480GB SSD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、電源が850W 80PLUS PLATINUM認証、OSがWindows 10 Pro 64bitなど。本体サイズはW198×D588×H454mm。税別価格は949,980円から。

(柴田尚)