27日放送の「にけつッ!!」(日本テレビ系)で、ボクシング元世界王者の長谷川穂積氏が、現役王者のまま引退を決断した真の理由を明かした。

この日は長谷川氏が特別ゲストとして登場。現役王者のまま引退していることについて、ケンドーコバヤシから「こんな番組で申し訳ないんですが…なんで引退したんですか?」と質問されると、長谷川氏はある選手の存在が影響したことを打ち明けた。

長谷川氏は、引退後に流れた「妻がボクシングを辞めるようにお願いした」との噂については完全否定。「(妻は)何も言わなかった。(決断は)自分で」と引退は自らの意思で決めたことを明かした。

引退を決断した背景には、再戦を熱望していたフィリピン出身の元世界王者、ノニト・ドネアの存在があったという。ドネアが昨年11月の防衛戦に敗れて王座を陥落。ドネアが王座を保持していれば統一戦の望みもあったが、その機会を逸してしまったのだ。長谷川氏は「これ以上、やる相手を探すのも難しいというのがひとつ、辞める大きな理由」だったと話した。ドネアが敗れた翌月、長谷川氏は引退を発表している。

この話を聞いた千原ジュニアは「なるほど、そうなんや!」と驚き、「今日はケツあるんですか? もっとゆっくり目に話したい!」と長谷川氏のボクシング人生について根掘り葉掘り質問していた。

【関連記事】
千原ジュニアが撮影現場でからんできた失礼なカップルに困惑
千原ジュニア 罪のない一般人に「貧乏人が!」とのツッコミを誤爆
ケンドーコバヤシが絶賛する出川哲朗の素顔「1年に1回は惚れてしまう」