【ビルボード HOT BUZZ SONG】甲子園駅のメロディーに起用で星野源「恋」が1位に再浮上

写真拡大

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く“ホット・バズ・ソング”。

 今週は星野源「恋」が再浮上し、19回目の1位を獲得した。同作は、いまだ動画再生数が1位で、ダウンロード数も8位。さらに今回は、阪神電車甲子園駅の列車接近時メロディーに起用されたこともあり、ツイート数が約8,000ツイート増加した。そして2位は乃木坂46「インフルエンサー」が獲得。ダウンロードで3位、さらにツイート数は1位に。乃木坂46は前作の「サヨナラの意味」でもデジタル領域が強く、今作もリリース前からヒットの様相を見せている。

 またデビュー曲「サイレントマジョリティー」の動画が、いまだに1週間で90万回以上も再生されロングヒットを続けている欅坂46は、4月5日リリースの4thシングル「不協和音」が既にツイート数で2位に。3月23日に公開されたミュージックビデオでは、TAKAHIROの振付による激しいダンスを披露しており、来週以降もチャートを賑わせてくれそうだ。

 そして2週連続で高いダウンロード数を獲得し、今週ダウンロード数1位となったのはWANIMA「やってみよう」。2017年1月1日よりauの人気CMシリーズに起用され、童謡「ピクニック」の大胆なアレンジで、幅広い層に支持されているようだ。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2017年3月27日付)
1位「恋」星野源
2位「インフルエンサー」乃木坂46
3位「HAPPY」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
4位「この闇を照らす光のむこうに」Anly+スキマスイッチ=
5位「やってみよう」WANIMA
6位「ダーティ・ワーク」オースティン・マホーン
7位「TOKYO GIRL」Perfume
8位「Motion」西内まりや
9位「おとなの掟」Doughnuts Hole
10位「どこまでも〜How Far I'll Go〜」屋比久知奈