キャリー・フィッシャーさんと母デビー・レイノルズさんの追悼式、家族やファンらが参加

写真拡大

女優のキャリー・フィッシャーさんと母デビー・レイノルズさんの追悼式が、現地時間25日にハリウッドヒルズにある墓地「Forest Lawn」で行われた。

映画『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫役で知られるキャリーさんは昨年12月にイギリスのロンドンからロサンゼルスに向かう飛行機の中で心臓発作を起こし、4日後に60歳で死去。映画『雨に唄えば』(52)で知られる母デビーさんはその翌日に脳卒中で84歳で亡くなり、世界中に大きなショックを与えた。

そして、2人が眠る「Forest Lawn」で2時間の追悼式が行われ、家族や友人、ファンや愛犬らが参加し、その様子がライブ配信された。キャリーさんの兄でデビーさんの息子トッドがこの式典を開催しており、『雨に唄えば』のパフォーマンス、合唱やダンスなどが披露された。トッドは「僕はこれをショーだと呼びます。なぜなら僕の母は追悼式が好きではなくて、ショーが好きだったからです」「このショーは我々のリビングルームのようにデザインされました。まるで大きな一つの家族が2人の素晴らしい人を偲んでいるようにです」と話している。

映画『ゴーストバスターズ』シリーズの俳優でキャリーさんと婚約していたことのあるダン・エイクロイドら著名人がスピーチを行っていたほか、『スター・ウォーズ』シリーズのR2-D2も登場した。また、キャリーさんの娘で女優のビリー・ロードは参加する予定だったが、欠席している。