宮迫博之(雨上がり決死隊)

写真拡大

25日放送の「芸能界ちょっとイイ話SP 私を救ってくれた人」(テレビ東京系)で、雨上がり決死隊宮迫博之を救った松本人志の言葉が明かされた。

番組では、ゲスト出演した芸能人たちがドン底の時代にいた自身を救ってくれた一言を紹介していた。番組終了直前、司会の宮迫が自身の松本にまつわる感動エピソードを披露する。

芸人として芽が出ず行き詰まっていた時期、宮迫は放送作家の高須光聖(たかす・みつよし)氏に「僕、(テレビの)ゴールデン(番組)帯とか出れない人間なんですかね?」と内心を吐露したそうだ。

すると高須氏は、松本とふたりで大阪の劇場に足を運んだときのことを明かしたという。そこで、上京前の宮迫やほかの芸人たちのネタを眺めていたという松本。しばらくすると「帰ろう。俺と仕事するやつが分かった」と席を立ってしまったという。

高須氏がその「俺と仕事するやつ」が誰かを尋ねたところ、松本の口から出たのが宮迫の名前だったとのことだ。この話に宮迫は号泣し、仕事の励みになったようだ。

【関連記事】
ダウンタウン・松本人志 お笑いコンビの千鳥に期待「何か変えてくれそう」
松本人志が「すごい軽蔑」する青山テルマの行為
JKタレント・井上咲楽の小池都知事批判を松本人志が絶賛