「RWBY」の一場面 (C)2017 Rooster Teeth Productions, LLC.

写真拡大

 米国発の3DCGアニメーションシリーズ「RWBY」の日本語吹き替え版が、VOLUME1〜3を特別編集した「RWBY Volume 1-3 : The Beginning」として、7月からTOKYO MXで放送されることが決定した。

 「RWBY」は、北米のCGプロダクションスタジオ「ルースターティースプロダクション」によるウェブアニメシリーズで、日本のアニメを愛好するスタッフ(VOLUME1と2はモンティ・オウム監督、VOLUME3はケリー・ショウクロス監督)によって制作されている。YouTubeのシリーズ総再生回数は1億回を突破し、現在VOLUME4まで配信中。2015年には、早見沙織、日笠陽子、下野紘、洲崎綾、豊口めぐみら人気声優を迎えた日本語吹き替え版が公開された。

 物語の舞台は、科学技術と魔法が同居する世界「レムナント」。獣の器官を持った獣人・ファウヌスやグリムと呼ばれるモンスターの存在によって、人間たちは長い間危険にさらされていたが、グリムの討伐&治安の維持を行う・ハンターの活躍によって平和な生活がもたらされた。ハンター養成学校「ビーコン・アカデミー」に入学した少女ルビー・ローズが、仲間とともに成長していく姿を描く。