自分は毎日洗って清潔にしているから発症する心配はない。でも油断していたら患ってしまっているのが水虫。足に水虫を発症すると、本人のショックだけでなく家族からも嫌がられます。水虫は早期発見をし、直ちに処置しなければ症状が慢性的に続き、それだけ長い間我慢しなければなりません。すぐに水虫を発見するためにも、水虫発症の代表的な自覚症状について紹介しましょう。

足がジュクジュクするは定番

水虫を発症した場合、大抵の方がこの足のジュクジュクを自覚されます。足指、足指の間がふやけてジュクジュクする症状、また皮がむけることで皮膚が赤く見える症状、そして足指の間に亀裂が生じる症状、これらはいずれも水虫の定番とも言われる、趾間型(しかんがた)の症状として分類されています。

足に水ぶくれができる

足指や足指の間等の部位に関わらず、足に水ぶくれが出ているものも、小水疱型(しょうすいほうがた)と呼ばれる水虫症状の1つです。同時に赤く腫れたり、皮がぼろぼろむけたり、足指間に亀裂を生じたりもするようです。水虫を発症していない場合も足に水ぶくれができることはあるので、水虫だと比較的発見されにくい症状として知られています。

かかとが硬くカサカサする

一見ただの「ガサガサかかと」とも思われがちな、角質増殖型と呼ばれる水虫症状。足の角質層、それも特にかかとの角質層が厚くなって硬くなり、表面がザラザラして白っぽく粉を吹いた感じになります。誰もこれが水虫の症状とは思わないので、発見が困難とも言われる水虫症状です。ちなみに上記症状別にきれいに必ず発症するわけではなく、これらが複合的に発症する場合もあります。例えば足がジュクジュクして皮がぼろぼろむけ、赤く炎症し、足指間に亀裂が生じる、だなんて症状です。ではこれら水虫症状を自覚したら、どうすればいいのでしょうか。

水虫症状を自覚したら

これらの水虫症状を自覚したら、すぐにでも病院で治療薬を処方してもらうことをおすすめします。薬局にも水虫用市販薬が販売されていますが、これで治療できるもの、できないものがあるので完璧な対策・処置とはいえないのです。ちなみに水虫を発症した場合、高い確率で家族などの身近な人へ水虫が感染します。自分のことだから治療を急がずとも問題はないと考えている方は、自分のせいで身の回りの人にも水虫に感染させてしまうことを忘れてはなりません。そうならならいためにも、水虫症状を自覚したら、すぐに病院へ駆け込むことが最善です。


writer:サプリ編集部