27日、このほど韓国のインターネット掲示板に「答えの見えない韓国料理のグローバル化」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの共感を呼んでいる。写真は韓国料理。

写真拡大

2017年3月27日、このほど韓国のインターネット掲示板に「答えの見えない韓国料理のグローバル化」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの共感を呼んでいる。

スレッド主は、韓国に暮らす各国出身の外国人がさまざまなテーマについて議論する韓国・JTBCの人気番組「非首脳会談」のスクリーンショット画像を多数掲載している。今回の韓国人ゲストはグルメコラムニストのファン・ギョイク氏で、「韓国では長いこと政府が韓国料理のグローバル化を進めてきたが、果たして政府が先導すべきことなのか疑問」と無理やりなグローバル化方針に疑問を呈した。ファン氏は、韓国料理を広めるイベントではいつも、韓国の伝統衣装・韓服を着て無料で料理を振る舞う手法が取られている点が問題だと説明、これでは感想を尋ねられた来場者が「おいしいです」と答えるしかないと主張した。一方で、日本やイタリアを例に挙げ「すしやピザをグローバル化するため無料で振る舞うことはない。なぜ韓国は外国に行ってまで韓国料理を『食べてください』と言うのかもどかしい」と指摘した。

また、政府が決めたメニューも「韓国人も食べたがらないメニューが多い」と問題点を指摘した。これには米国代表の出演者も賛同、米主要紙にビビンバを推し出した全面広告が複数回掲載されたり、韓国航空会社の機内食でも食べ方の説明書付きでビビンバが出されたりするなど、「もっとおいしいものも多いのに、韓国料理をグローバル化する努力はビビンバばかり」と残念がった。この意見を受け、ファン氏は「文化は文化で自由に流れるべきものであり、政府は後ろでサポートするくらいでいい」とし、また「韓国料理がグローバル化しやすくなるためには、国のイメージが良くなることだ」と述べた。

これを受け、韓国のネットユーザーからは、「マジで共感。ビビンバを推してグローバル化できた?」「韓国人だけどビビンバ嫌い。もっとおいしいものがあるのになぜビビンバやキムチを強要するの?」「発酵食品にグチャグチャに混ぜたご飯…慣れ親しむことができないと思う」と共感するコメントが多く、「プルコギ(韓国風すき焼き)とかトッポッキ(餅の甘辛煮込み)とかもあるよ」「サムギョプサル(豚三枚肉の焼き肉)やヤンニョムチキン(甘辛だれに漬けた鶏料理)もある」と別メニューを薦めるコメント、「その通り、税金の無駄遣いだ」「政府にはセンスのある人間がいない」「一般人の方が百倍まし」と政府を非難するコメントなど、さまざまなコメントが寄せられている。

その他にも、「だから外国で人気のある和食店のオーナーは韓国人が多い。和食は外国人受けがいい」と和食と比較するコメントもあった。(翻訳・編集/松村)