てるみくらぶ本社入口(3月27日朝撮影)

 (株)てるみくらぶ(TSR企業コード:296263001、法人番号:6011001044153、渋谷区渋谷2−1−1、設立平成10年12月4日、資本金6000万円、山田千賀子社長)は3月27日、東京地裁に破産を申請し同日、開始決定を受けた。旅行業界では、過去4番目の大型倒産。申請代理人は南勇成弁護士ほか(西村あさひ法律事務所、千代田区大手町1−1−2)。破産管財人は土岐敦司弁護士(成和明哲法律事務所、港区虎ノ門4−3−1、電話03−3499−7555)が選任された。
 負債総額は約151億円。債権者総数は3万6266件、うち一般旅行者は3万6046件にのぼる。一般旅行者は1件で複数名が申し込んでいるケースがあるため、申請代理人によると申込客数は8万〜9万人にのぼる可能性があるという。

 同社は山田社長が代表を兼務していた企業の旅行事業部門を分社し設立した旅行業者。第1種旅行業者としてハワイを中心にグアム、サイパン、韓国、台湾など、一般個人向け格安海外パッケージツアーを企画していた。特に、オンラインでの格安旅行販売を得意とし、知名度を高めていた。
 格安海外旅行の浸透やオンライン経由での販売拡大を追い風に業績を伸ばし、平成23年9月期の売上高は約130億円を計上。その後、売上は一進一退をたどったが、グループ会社からの事業移管などを進めて平成28年9月期は過去最高の195億9600万円を売り上げていた。
 しかし、格安旅行会社の過当競争などから収益は低調に推移し、ハワイやグアム、サイパンなどに設立した現地法人や国内の事業拠点の拡充などが資金負担となっていた。また、安値販売による収益悪化で平成26年9月期から営業赤字に陥り、これをカバーするため現金一括入金キャンペーンなどを行っていた。しかし、資金繰りは改善せず限界に達した。
 3月27日午前11時30分から国土交通省記者クラブ(国土交通記者会)で会見を開く予定。
 なお、関連会社2社については今後の方針を検討中としている。