“恋人と別れる原因になった” あるあるランキング 「自己中心的」「お金にルーズ」「時間にルーズ」がトップ3でした

写真拡大

春は出会いの季節♪ ですが同時に、別れの季節でもあります。卒業や就職など新生活を機に恋人と別れることになった……といった経験をこれまでにしている方、きっと少なくないかと思うのです。

今回紹介するのは、「これに当てはまるとアウトかも!? 恋人と別れる原因になったあるあるランキング」。

ブライダルジュエリー専門店「銀座ダイヤモンドシライシ」が20歳から39歳の既婚・未婚の男女500名を対象に行ったアンケートをもとに導き出された、こちらのランキング。「わかるー!」と首を縦に振ってしまう答えもあれば、身に覚えがありすぎて「アイタタタタ……」と胸を押さえずにはいられなくなる答えもあるので、男女ともに必見ですよぉ!

【第1位は「自己中心的」】

それではさっそくまいりましょう。「恋人と別れる原因になったあるある」トップ3は、こちら!

1位 「自己中心的」(33.2%)
2位 「お金にルーズ」(30.0%)
3位 「時間にルーズ」(25.7%)

むむむ、やはりどれも「あるある」! 特に1位の「自己中心的」には、大いにうなずかざるを得ないっ。

深い仲になればなるほど甘えが出ちゃって、ついつい自分中心の考え方になっちゃう……。恋愛は2人でするもの、親しき仲にこそ礼儀を持ち込む、なのにねぇ。ひょっとしたらあなたも身に覚えがあるのではないでしょうか? ちなみにわたしは、ありまぁす!

【「時間に関する価値観のズレ」が、のちに惨事を引き起こす】

一方の、2位「お金にルーズ」はもってのほか。3位「時間にルーズ」に関しては、お互いの価値観さえあえば問題はないと思うのですが、真逆だと悲惨なことになりますよね。

最初こそ、相手に嫌われたくがないゆえに、ルーズでないほうが「大丈夫だよ〜」と我慢をします。

これじゃあルーズな部分が直るはずもなく、遅刻は日常茶飯事に。そのようなことが積もり積もった結果一気に関係が破たんする、といったことは往々にしてあります。我慢せず話し合って価値観をすり合わせていくことができたら、1番いいんですけどね……。

【「過去の恋愛ダメエピソード」もチェック!】

アンケートでは「過去の恋愛ダメエピソード」も公開されているのですが、こちらもこちらで非常に興味深かったので、今後の参考のため最後にご紹介しておきます。

・働かない男で、デート代は自分持ちだった。
・精神的に自立できていない。
・仕事が忙しくてなかなか会えない。

え〜、「最初の働かない男」というのは論外ですがが、そのほか2つはありがち。健やかな恋愛に「精神的自立」は必須だし、働き盛り世代にとって「仕事が忙しすぎる」のはつきものですから……。

ダメな部分も含めて自分だけれど、「相手に寄り添うこと」「心に余裕をもつこと」を少しでも心がけて、より良い関係を築くことができたら最高ですね。だけど、これがいちばん、難しいことなんですけど。

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ / 画像=Pouch (c)Pouch

画像をもっと見る