画像

写真拡大 (全5枚)

 BIGLOBEは、スマホを所有している生活者を対象に「若者のスマホ利用実態に関する調査」を実施した。10代の37%が1日に1時間以上スマホ動画を視聴していることがわかった。

 BIGLOBEは、スマホを所有している生活者を対象に「若者のスマホ利用実態に関する調査」を実施した。調査結果のトピックスは下記の通り。

スマホネイティブな10代の約7割にとって初ケータイがスマホである一方、運動部員はスマホデビューが遅めであることがわかった。
女子高生の「スマホを捨ててしまいたい(離れたい)と思った経験」は27.0%、「スマホに助けられたり、救われたりした経験」は63.0%で、いずれの指標も他の年代と比べて高い傾向となった。
10代の一日のテレビ視聴時間は他の年代と比べて短く、1時間未満が4割を超えた。一方、10代はスマホ動画視聴時間が長く、「1時間以上」が37.0%、「3時間以上」が13.8%となった。
スマホコンテンツ課金経験が多いのは男子学生で、課金対象は男子は「ゲーム」、女子は「LINEスタンプ」が多かった。

●10代の約7割、初ケータイがスマホ

 スマホネイティブな10代の67.9%が初めて自分専用として持った携帯電話は「スマートフォン」と回答。20代と比較して14ポイント近く上回ることがわかった。なお、「初めてスマホを持った年齢」を、大人世代も含めて、学生時代の部活動別に調査したところ、「運動部系」の人はスマホデビューが遅い傾向があることがわかった。
10代の67.9%が初めて自分専用で所有した携帯電話端末はスマホ

●女子高生のスマホ依存、捨てたいこともあるが救われることもある

 女子高生は「スマホを捨ててしまいたい(離れたい)と思った経験」、「スマホに助けられたり、救われたりした経験」ともに他の年代と比較して回答割合が高かった。特に、スマホにピンチを助けられたり、心が救われたりしたことがあると回答した人は63.0%と、他の年代性別を大幅に上回る結果に。具体的なエピソードとしては、「辛いことがあってもLINEで友達と話したりできた」「悩んでいたときにネッ友の人が相談にのってくれたりした」など、コミュニケーションに関する回答が挙がった。
高校生女性の27%がスマホを捨ててしまいたいと思ったことがある

●「若者のテレビ離れ」の実態

 テレビ視聴時間は、年代が若くなるほど3時間以上の長時間視聴の割合は少なくなっており、10代ではテレビ視聴1時間未満が4割を超えた。一方、10代のスマホ動画視聴時間は他の年代に比べて長く「1時間以上」が37.0%、「3時間以上」が13.8%となった。「若者のテレビ離れ」と言われているが、その実態として「テレビもスマホ動画も見るが、スマホ動画を長時間見る」傾向が明らかとなった。
40%以上の10代は1日に1時間未満しかテレビを見ない

●スマホ課金、男子は「ゲーム」、女子は「LINEスタンプ」に

 スマホアプリおよびスマホコンテンツへの課金経験は、女子学生よりも男子学生のほうが多かった。課金対象は、高校生男性では1位が「ゲームの購入」で、2位は「LINEスタンプ」、大学生男性は1位が「LINEスタンプ」で、2位は「ゲーム内アイテムの購入」となった。女子学生では、高校生・大学生ともに1位「LINEスタンプ」、2位「音楽の購入」となった。
高校生男子の課金率は68%と大学生男子の60%を上回った

【調査概要】
 調査名:若者のスマホ利用実態調査
 調査対象:インターネットを利用し、スマホを所有している全国の10〜40代男女
      15歳〜18歳の高校生、18歳〜29歳の大学生、30〜39歳、40〜49歳 各100人合計800人  調査方法:Webアンケート
 調査期間:2017年3月13日〜15日

MarkeZine編集部[著]