テニス、BNPパリバ・オープン、男子シングルス準々決勝。フォアハンドを打つ錦織圭(2017年3月17日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】テニス、マイアミ・オープン(Miami Open 2017)は26日、男子シングルス3回戦が行われ、大会第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)は第25シードのフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco、スペイン)を7-6(7-2)、6-7(5-7)、6-1のフルセットで退け、ベスト16入りを果たした。

 前回大会ファイナリストの錦織は次戦、アルゼンチンのフェデリコ・デルボニス(Federico Delbonis)と顔を合わせる。

 今季いまだトップ10との対戦で白星がないベルダスコは、逆転で第2セットのタイブレークを奪い返してセンターコートで2時間44分に及ぶ激闘に持ち込んだが、最後はギアを一つ上げた錦織が逃げ切る形となった。

 一方、世界5位のミロス・ラオニッチ(Milos Raonic、カナダ)は同日、ジャリッド・ドナルドソン(Jared Donaldson、米国)との一戦を前にして、ハムストリングの故障を理由に棄権を発表した。

 2月のデルレイビーチ・オープン(2017 Delray Beach Open)準決勝で負傷したラオニッチは、ジャック・ソック(Jack Sock、米国)との同大会決勝も断念。今月のBNPパリバ・オープン(BNP Paribas Open 2017)も欠場していた。
【翻訳編集】AFPBB News