ホラー版オズ!? 写真:Album/アフロ

写真拡大

 米ニューライン・シネマがライマン・フランク・ボームの小説「オズの魔法使い」(1900)の物語世界を舞台にしたホラー映画を製作することになったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

 「オズの魔法使い」は、下敷きにジュディー・ガーランド主演で映画化された大ヒットミュージカル名作映画「オズの魔法使」(39)が知られているが、最近はその前日譚を描く「オズ はじまりの戦い」(13)が作られている。ワーナー・ブラザース傘下のニューライン・シネマは、新進脚本家Mike Van Waesによる映画企画を購入し、世界を舞台に展開するホラー映画を製作する。

 ニューライン・シネマといえば「死霊館 エンフィールド事件」(16)や「ライト/オフ」(16)とホラー映画のヒットを連発しており、今年も「アナベル 死霊館の人形」(14)の続編「アナベル2(原題)」や、スティーブン・キング原作の「IT」の公開を控えている。