戸建住宅での設置イメージ。新製品(左)とエネファームtype S(中央と右)(大阪ガスの報道資料より)

写真拡大

 大阪ガスと京セラは24日、国内住宅用定置型リチウムイオン蓄電システムの新製品として、家庭用燃料電池「エネファームtype S」で発電した電力を充電できる小型・軽量の3.2kWh蓄電システム「スマートエネルギーハウス蓄電システム(SEH蓄電システム)」を共同で開発し、4月より販売を開始すると発表した。

 「SEH蓄電システム」は、大阪ガスが持つ燃料電池・太陽電池・蓄電池(3電池)の最適制御に関するノウハウと、京セラが持つ蓄電システムのノウハウをベースに開発した製品。大阪ガスが2011年7月〜2012年6月に実施した3電池の最適制御に関する実証では、新築住宅での年間CO2排出量の正味ゼロを日本で初めて達成しており、同実証を通じて得た技術を活用して開発したという。

 「エネファームtype S」の最も発電効率の良い運転状態は700W定格出力運転時であるため、SEH蓄電システムでは、深夜など電気使用量が少なく700Wに満たない時間帯には、発電した電力をシステム自体の充電に充てることで稼働率を高め、発電能力を最大限に活かす。また、世界最高という52%の発電効率を持つエネファームtype Sは、エネルギー利用率も従来の火力発電と比較して約2倍と非常に高効率な分散型エネルギーシステムとなっており、SEH蓄電システムは、この高効率な発電電気を充放電して自家消費できるため、環境性にも優れる。さらに、燃料電池と太陽電池に、SEH蓄電システムを加えた3電池を最適制御した場合、従来システムと比較し、家庭における年間の一次エネルギー消費量を約62%を削減するという。

 希望小売価格は160万円(税抜)。