絶対禁句!彼が彼女に言われたら超落ち込んじゃうセリフ

写真拡大



彼となんでも言える関係っていいですよね。でも「親しき中にも礼儀あり」という言葉通り、最低限言ってはいけないこともあるのです…。言いたいことを言ったせいで彼が傷ついてしまった…なんてことにならないよう、今回は男子が彼女に言われたくない台詞をご紹介します。何気なく言ってしまっている女子はちょっと控えた方がいいかも…。

■1.「私イケメンってタイプじゃなんだよね」

「『私、イケメンってあんまりタイプじゃないんだよねー』って遠回しで俺がイケメンじゃないって言ってるよね?」(28歳/男性/不動産)

「イケメンはタイプじゃない」なんて、付き合っている彼からしたら遠回しに顔を否定されたような気分になる言葉ですね…。彼は反論しないかもしれないけど、しれっと心で泣いているかもしれません…。顔のことは言わないほうが吉。

■2.コンプレックスについてイジる

「目がたれていることをけっこう気にしているのに、みんなといるときに普通にガチャピンみたいとか目のことイジってくるのが嫌」(27歳/男性/医療系)

「学生時代のときに比べ、10キロほど太った。痩せなきゃとは思うけど、ぽっちゃりしている彼女に『痩せたほうがいいよ』と言われるのは余計なお世話だ」(30歳/男性/営業)

誰だって、コンプレックスのことってなるべく触れないでほしいですよね。デリケートな男子はコンプレックスのことをからかわれると傷ついてしまいます。からかう子よりも、コンプレックスさえも好きと言ってくれる子がいいに決まってるんです。彼のダメな部分も温かく受け止めてあげましょうね。

■3.「いい歳してやめてよ」

「友達と飲んで泥酔して帰宅したことを笑い話として彼女に話したら『いい歳してやめてよ…』と飽きられられた。たしかにそうだけど、歳の話をしなくてもいいだろ」(34歳/男性/証券)年上の彼を持っている彼女は要注意ですね。ある程度年齢を重ねると、年齢に関する話はあまり触れられたくないと思う男子も多いもの。うかつに年齢の話をしたせいで彼が不機嫌になってしまう可能性もありますから、子供っぽいと思ってもそこはグッとガマン。

■4.「ちょーつまんない!」

「異性の友達が多く、よく彼女と一緒にいる時に友達の話をしてしまう俺の悪いんだけど、『なんでいつも他の女の話ばっかすんの? ちょーつまんない!!』って言われて凹んだ」(27歳/男性/IT)

つまらないと言われて喜ぶ人はまずいません…。彼の言動にイラっとして、つい言ってしまうという女子、ちょっと気をつけましょう。その理由も伝えず「つまんない!」とだけ言ってしまうと、彼も凹んでしまいます…。

■おわりに

彼との関係を良好に保つためにも、知らぬ間に彼の心にぐさっに刺さってしまう言葉を吐いてしまわないように気をつけたいもの。彼にイライラしても傷つく言葉で攻撃せず、きちんと話し合う姿勢でいるようにしましょうね。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)