25日、中国本土初の全自動運行システム路線、北京地下鉄燕房線が年内に開通する。

写真拡大

2017年3月25日、澎湃新聞によると、中国本土初の全自動運行システム路線、北京地下鉄燕房線が年内に開通する。北京市住房和城郷建設委員会への取材で明らかになった。

【その他の写真】

燕房線は市南西部に位置し、全長約16.6キロメートルで、計9駅。列車は4両編成で、最大1262人を乗せる。自動運転の車両や技術は中国が独自に開発したもので、出庫、運転、入庫、洗車まですべて自動制御することで、人的ミスによるリスクが軽減されるという。

車両は北京市軌道交通建設管理有限公司が中心となり、中車青島四方機車車輛など複数のメーカーが開発した。安全確保のため、国際的にも最高レベルの安全技術が導入されており、障害物や脱線に際しては自動的に緊急制動が働くようになっている。

地域住民の日常の足となるだけでなく、蓄積したデータは今後、市内の他の地下鉄を自動運転化させるモデルとしての意味合いもある。燕房線ではすでに試験走行が行われている。北京市は、西郊線(LRT)や郊外鉄道S1号線(リニア)も建設中で、公共交通機関の充実化が進められている。(翻訳・編集/岡田)