オーダー枕制作のため計測に臨む大谷翔平

写真拡大

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手が、寝具メーカー・東京西川(西川産業株式会社)と「睡眠コンディショニングサポート契約」を締結、合わせて同社のCM「Answer is [AiR] 大谷翔平選手」篇に出演することが分かった。同CMは3月27日(月)より全国にて放映が開始される。

【写真を見る】睡眠についてのこだわりについて力弁する大谷翔平

「ベストのパフォーマンスを発揮するために、小さいころから睡眠にはこだわっていました」と言う大谷選手。プロ野球デビューの2013年からは、東京西川のコンディショニングマットレス[エアー]シリーズを愛用していたことが、今回の「睡眠コンディショニングサポート契約」に繋がった。

またこのタイミングで、オーダーメードによる枕も製作することに。大谷選手は、枕の素材を選ぶ際「日頃から[エアー]の枕を使用しているので、同じような硬めの素材が良いですね」と手慣れた様子で素材をチョイス。一方、枕の高さについては「寝る時に横向きになると、(肩幅が広いため)枕の高さが足りないので肩が痛くなる」と大柄な体格(身長193cm)がゆえの悩みを告白。体圧分布測定器による計測によって、自身にとってベストな枕が完成した。

なお、CMの放送開始にあたって大谷選手は「しっかりコンディションを整えて、最高のコンディションで球団史上初の日本一連覇を実現したいです」と、改めて意欲を明らかにしている。