高麗航空イリューシン62

写真拡大

中国国際航空は、北京ー平壌線の運航を全面的に停止する。

米国の北朝鮮専門ニュースサイト、NKニュースによると、中国国際航空は、平壌国際マラソン開催後の4月14日をもって北京ー平壌線の運航を取りやめる。これにより、同路線を運航する航空会社も、平壌国際空港を離発着する航空会社も、北朝鮮国営の高麗航空が唯一となる。

複数の情報筋によると、4月の第1週と第2週にだけ運航し、それ以降は今年いっぱい運航しない見通しだという。理由は乗客の少なさであり、回復が見込めなければこのまま完全撤退となる可能性もある。

この路線は昨年11月11日を最後に運休しているが、これは冬季の乗客減に伴う一時的なものだった。中国国際航空の関係者は米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)の取材に「2017年3月27日から夏ダイヤで運航を再開する」と述べていた。

しかし、度重なる核実験、ミサイル実験と国際社会の経済制裁により、乗客の回復が見込めないと判断し、運行の取りやめに踏み切ったものと思われる。

(関連記事:火曜、木曜、土曜 中国国際航空、平壌路線を運休

平壌駐在の一部の国の外交官たちはさぞかし困っているだろう。機体の安全性に問題があるとして高麗航空の利用を避け、中国国際航空を利用してきたからだ。彼らは今後、飛行機を諦めて列車利用に切り替えるだろうと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は伝えている。

その高麗航空の運航体制も、縮小傾向にある。

旅客機の運行情報を提供するウェブサイト、フライトアウェアによると、平壌とウラジオストクを結ぶ高麗航空272便、273便は週2便運航のはずだが、昨年12月は2回、今年1月と2月はそれぞれ1回の運航にとどまっている。3月からは週1便の運航になっているが、依然として不安定な状態だ。

また、アントノフ148型機(機体番号:P-672)は運航記録が全くなく、昨年7月22日に瀋陽空港で事故を起こしたツポレフ204-300型機(機体番号:P-632)は、リストから抹消されている。現在の状態は不明だ。つまり、同社はツポレフ204-300型機(機体番号:P-633)とアントノフ148型機(機体番号:P-671)の2機ですべての路線の運航を担っている形だ。

高麗航空にとって唯一の明るいニュースは、平壌と中国の丹東を結ぶチャーター便の新規開設ぐらいだろう。