快適に住む環境があり、仕事も順調。友だちも多いし、両親もまだまだ元気……と、いいこと尽くめの生活を送っているようでも、足りない”ピース“がありませんか? それはズバリ恋愛! 日本の独身20代、30代は恋人がいない割合が高いことがニュースになったりしていますが、どうしてなんでしょう?

恋愛が縁遠くなってしまう思考パターン

“恋愛したいとは思うけど、現実にはそんなチャンスが巡ってこない”と嘆くのはあなただけではありません。でも恋愛が縁遠くなってしまう原因は、そんな思考パターンにあるのかもしれないのです。
に引き続き、注意したい思考パターンをまとめました。

元カレの近況をついついチェックしてしまう

恋愛関係はとっくに終了しているのに、SNSでまだつながっているため、いつでも連絡できるし近況も知ることができる……というのが実はSNSのワナ。そのおかげでいまだ彼とは特別な関係にあると錯覚を抱いてしまうのです。SNS上で元カレの“ストーカー”となっているあいだは、新しい恋が入りこむ余地はありません。

一生“おひとりさま”だろうと覚悟を決めている

人には向き不向きがあるのが当たり前で、彼氏が絶えない恋愛体質な女性がいれば、まったく恋愛運がなく、彼氏ができない女性だっている……そんなふうに割り切っている思考パターン。
気がつけばもう何年も彼氏ナシだし、今さら恋愛している自分が想像できないと思っています。恋愛抜きの人生にとりわけ問題もないし、むしろ彼氏なんていたら面倒なだけ……。もう一生このままなんだろうと覚悟を決めていることも。でも今の年齢で、可能性の一切を否定してしまうのはちょっともったいない気がしませんか?

自分に幸せな恋愛は巡ってこないと信じこんでいる

誰にもコンプレックスはあるものですが、あまりにもコンプレックスを抱え込みすぎて、それが恋愛のうまくいかない原因だと決めつけてしまっていることもあります。容姿・体型・あるいは性格……なかなか自分の理想通りにはいかないものです。
でもそんなコンプレックスは自分だけが深刻に考えすぎているだけで、他人の目にはそんなふうには映っていないことも多いのです。
そもそも、美人だったら幸せな恋愛が保証されているということはもちろんなく、美人の代表ともいえる芸能人やモデルの、破局や離婚話が絶えることはありませんよね。恋愛をするうえで大事なのはルックスなどの表面的なことより、相手との相性や性格、精神の成熟度といったことなのです。まずは自分の価値を認め、きちんと大事にしてあげましょう。そうでなければ他人から見て、恋人として魅力的とは映りません。

「白馬に乗った王子様」が自分を素敵な“プリンセス”にしてくれると妄想している

もういい歳だし、男に夢も期待も抱いていない……なんて酸いも甘いも噛みわけた大人女子を演じていませんか? でもそう言いつつ、心の中では人生を変える運命の恋愛があると、かたくなに信じているのです。今は恋愛に不向きだけど、運命の人が現れればラブリーな愛され女子に生まれ変われる……そんな変身願望が実は強かったりします。

いかがですか? 恋愛から遠ざかっていると、気持ちが落ち込んで自信をなくしたり、あるいは逆に開き直ってしまったり……。でもいい恋をつかみたいと思うなら、まずはそんな思考パターンを変える必要がありそうです。